【安田記念】スズカ打倒2強「チャンスある」 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【安田記念】スズカ打倒2強「チャンスある」

安田記念】スズカ打倒2強「チャンスある」
2009年6月3日(水) 11時49分 サンケイスポーツ


 安田記念の前哨戦・京王杯SCはスズカコーズウェイが8番人気の低評価を覆して重賞初制覇。管理する橋田調教師は、ウオッカなど実績上位馬に敬意を表しつつ、「ウチの馬の強みを生かせればチャンスはあると思います」と意気軒昂だ。過去10年の安田記念の前走は京王杯SC組が3勝2着4回3着1回と好走。スズカはGI初挑戦だが、今の充実ぶりなら堅実な東京芝で大駆けがあってもいい。

 ダービージョッキーとなった横山典騎手は「競馬ってのはやってみないと分からないとつくづく思いました」と心境を語った。まさかの敗戦、まさかの勝利。その余韻は東西トレセンにも生々しく残っている。ウオッカ&ディープスカイ、断然の実績を誇る2頭が出走する安田記念でも最初から白旗を揚げている陣営は意外に少ない。ここ10年で1番人気が未勝利というデータが波乱ムードに拍車をかける。

 前哨戦の京王杯SCを勝ったスズカコーズウェイを送り出す橋田満調教師の言葉の端々からも自信がほとばしる。「以前から期待は大きかったです。勝てると思っていたニュージーランドTで4着に負けて、3歳の春にNHKマイルCを使えなかった。それからしばらく足踏みしていたんですが、今年になって吹っ切れたみたいですね」。年明けは6戦して3勝。準オープン勝ちから一足飛びのGIIVにも、「前回の休養ですごく馬が良くなりましたから。期待通りの結果をようやく出してくれただけです」とトレーナーは涼しい顔だ。

 橋田師は安田記念にのべ6頭で9回挑戦。今回は02年に勝ったアドマイヤコジーンと同じ後藤騎手で参戦だ。「あの時が後藤の初GI勝ち。ワンワン泣いてたワ。前走もテン乗りだったけど、レース前にビデオとか見て研究してくれていた。熱心な子ですよ」と信頼は厚い。

 「このGIは数多く使ったけど、ここに来るまでの実績(2走前まで準OP馬)はスズカコーズウェイが一番少ないんちゃうかな」と苦笑いしながらも、「でも、この馬が一番競馬はしやすいと思うよ」。これまでに手がけた多くの短距離王者たちを上回る自在性がトレーナーの自信の裏付けだ。「セールスポイントは、体調の良さと乗りやすさ。強いのは1頭だけじゃないし、簡単に負かせる相手じゃないとは思うけど、ウチの馬の強みを生かせればチャンスはあると思いますよ」

 【2・0・2・0】の東京芝実績に加え前哨戦を勝った勢いもある。何より並み居る強豪相手でも一歩も引かない橋田師の姿勢が、スズカコーズウェイの限りない可能性を示している。(阿部裕昭)
[ 2009/06/03 17:56 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。