上村 スリープレスで感無量のG1初制覇 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

上村 スリープレスで感無量のG1初制覇

 第42回スプリンターズステークス(5日・中山11R1200メートル芝16頭、G1)は、1番人気のスリープレスナイト(上村洋行騎乗)が1分8秒0でG1初制覇し、1着賞金9500万円を獲得した。1馬身1/4差の2着は2番人気のキンシャサノキセキ、3着には6番人気のビービーガルダンが入った。払戻金は単勝が240円、枠連は(7)―(8)で560円。馬連は(14)―(15)で790円、馬単は(14)―(15)で1300円。3連複は(13)―(14)―(15)で1680円、3連単は(14)―(15)―(13)で5530円。ワイドは(14)―(15)が310円、(13)―(14)が460円、(13)―(15)が730円。

 秋の短距離王に輝いたスリープレスナイト。「スピードとパワーを兼ね備えた馬。最高のパートナーです」と上村騎手。自身もデビューから17年目でのG1初制覇を飾り、感無量の面持ち。

 目の病気で騎手生命を危ぶまれながら、4回の手術を乗り越えて復帰した苦労人でもある。「ずっと僕を起用してくれた橋口先生の誕生日にG1を勝てて、恩返しができた」。63歳になった橋口調教師も満足そうで「香港スプリントが頭の中にある。ダートもこなすからドバイも考えたい」と海外に目を向けていた。

By スポニチ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。