【宝塚記念】回避…ウオッカ秋の“8冠ローテ”へ休養 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【宝塚記念】回避…ウオッカ秋の“8冠ローテ”へ休養

宝塚記念】回避…ウオッカ秋の“8冠ローテ”へ休養
2009年6月22日(月) 7時12分 スポーツニッポン


 牝馬最多のG1・6勝を挙げているウオッカ(牝5=角居)が、宝塚記念を回避することが正式に決まった。21日、同馬を管理する角居師が明らかにしたもので、アクシデントなどではなく、大事を取るという谷水雄三オーナーの意向に沿ったもの。秋は天皇賞(11月1日)→ジャパンC(同29日)のローテーションとなる予定だ。

 昨年と同じく、ファン投票1位ウオッカの雄姿を宝塚記念で見ることはできない。今春はヴィクトリアマイル、安田記念を連勝して牝馬初のG1・6勝、獲得賞金10億円超えを達成。ファン投票でも13万9507票を獲得していた。安田記念から中2週での出走となるため、陣営は出走に慎重な構えを見せていたが、21日午後、阪神競馬場で角居師が正式に回避を発表した。

 最初に「馬は順調」と故障などのアクシデントではないことを前置きした上で、角居師は「土曜の午後に谷水雄三オーナーと相談して、宝塚記念を回避することに決めた」と語った。ウオッカは17日に馬場入りを再開。19、20日にも坂路に入り、調整は順調に進んでいた。「調教師は競馬に使えるように仕上げるのが仕事。レースに間に合わせられる、それなりの自信もあったが、大事を取ったということ」と話した。

 オーナーと話し合った回避の理由として、角居師は「今季は海外も含め、すでに4走している」ことと「この時季は馬場が重くなりやすく、レース中のアクシデントの可能性が大きくなる」ことを挙げている。ウオッカは3歳時に宝塚記念に出走して8着。それ以来、阪神での出走はない。

 「これだけの馬になると、使っても使わなくても批判はあると思う。オーナーは、この馬を“天から与えられた馬”と言っている。使わないでほしいという多くのファンの意見も聞いて、そういう(回避する)気持ちになったのだと思う」とした。

 今後はじっくり休養して英気を養う。「競馬に向けて仕上げているところだったので、ガス抜きのために来週半ばにも2、3週間グリーンウッドへ放牧に出す。その後のことは決まっていないが、オーナーは(自分の)手元に置いといてほしいと考えているでしょう」と角居師は話しており、夏は放牧には出さずに栗東トレセンに滞在して調整される。今秋は昨年と同様、毎日王冠で始動し、連覇のかかる天皇賞・秋→ジャパンCの昨年と全く同じローテーションを歩むことになりそうだ。
[ 2009/06/22 08:31 ] あ行の競走馬 ウオッカ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。