ポストSS筆頭アグネスタキオン急死 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ポストSS筆頭アグネスタキオン急死

ポストSS筆頭アグネスタキオン急死
2009年6月23日(火) 7時10分 スポーツニッポン

ポストSS筆頭アグネスタキオン急死
現役時代に皐月賞を制したアグネスタキオン(左端)の雄姿

 国内トップクラスの種牡馬アグネスタキオンが22日夕、急死したことが分かった。詳しい死因は不明だが、心臓まひとみられる。11歳だった。牧場関係者の話では、けい養先の社台スタリオンステーション(北海道安平町)で種牡馬入り、8年目を迎えた今年も年頭から順調に種付けをこなし、シーズン終盤となった今月も体調に異変はなかったという。

 競走馬時代には、デビュー4連勝で01年皐月賞を制覇。ダービーでの2冠制覇が有力視されていたが、屈腱炎を発症して引退。「幻の3冠馬」と呼ばれた。志半ばでターフを去ったが、引退後はさらなる脚光を浴びることになった。02年春に種牡馬入り。初年度産駒が早い時期から次々に勝ち上がり、その中からロジックがNHKマイルCに優勝。2世代目には桜花賞、有馬記念などを制したダイワスカーレット、3世代目には皐月賞馬キャプテントゥーレ、ダービー馬ディープスカイなど大物産駒が登場。昨年はJRA種牡馬リーディング首位に輝いた。サンデーサイレンスの後継種牡馬候補No・1だったトップサイヤーの突然の訃報。早すぎる死が日本の競馬に与える影響は計り知れない。

 ▼アグネスタキオン 父サンデーサイレンス 母アグネスフローラ(母の父ロイヤルスキー)牡11歳 競走馬時代は栗東・長浜博之厩舎所属 馬主・渡辺孝男氏 生産者・北海道千歳市社台ファーム 戦績4戦4勝 総獲得賞金2億2208万2000円 主な勝ち鞍は皐月賞、弥生賞=01年、ラジオたんぱ杯3歳S(現ラジオNIKKEI杯2歳S)=00年。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。