ディープスカイ凱旋門諦めん!…6・28宝塚記念 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ディープスカイ凱旋門諦めん!…6・28宝塚記念

ディープスカイ凱旋門諦めん!…6・28宝塚記念
2009年6月23日(火) 8時0分 スポーツ報知

 ◆第50回宝塚記念・G1(28日・阪神芝2200メートル) ウオッカの回避が決まった宝塚記念は、ディープスカイが主役を務めることになった。安田記念で女傑に完敗。一度は白紙に戻された凱旋門賞挑戦が「優勝」の2文字で再び、現実味を帯びてくる。

 まだ夢を諦めきれない。ディープスカイはダービー馬対決となった安田記念で、ウオッカの前に完敗を喫した。直後、昆調教師は、凱旋門賞挑戦を白紙に戻した。しかし、上半期の最大目標は、あくまで夏のグランプリ。確実に上昇曲線をを描く姿に、気持ちは動いた。「ここで強い勝ち方ができるようなら、もう一度(凱旋門賞挑戦を)オーナーに言ってみよう」その口調は熱かった。

 安田記念は14キロ増の524キロ。決して太くは見せなかったが、“想定外”の数字でもあった。担当の堂本助手が言う。「3歳の時は、東京へ輸送すると体が減ることがあった。ひどい時には栗東で測った時より10キロ近く減ったこともあり、そのことを頭に入れていた」。4歳の春になり、遠く海の向こうへ渡っても、と思わせるほどたくましさが備わっていた。

 重賞での戦いは、3歳3月のアーリントンCから始まり、ちょうど10戦目。これまで、G12勝を含む4勝を挙げ、2着3回、3着2回。一度も大きく崩れたことがない。反面、昨秋の神戸新聞杯を最後に、白星から遠ざかっているのも事実だ。それだけに、トレーナーの勝利への渇望は増すばかり。「どんな条件でも崩れずに走ってくれる。こんな馬で向こう(凱旋門賞)に行かなかったら、どれで行くんだ、というぐらいに思っている」。誰もが認める強さで優勝を飾った時、夢は再び動き始める。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。