【函館SS】エンゼルに通じた!熊ちゃんの心意気 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【函館SS】エンゼルに通じた!熊ちゃんの心意気

【函館SS】エンゼルに通じた!熊ちゃんの心意気
2009年7月6日(月) 7時12分 スポーツニッポン


 5日の札幌メーン「第16回函館スプリントS」は1番人気グランプリエンゼルが快勝。鞍上・熊沢は05年の阪神JF以来、久々の重賞Vとなった。

 最高の結果に、ほおがこけ落ちた熊沢の笑顔が北の地ではじけた。並み居る古馬の強豪を3歳牝馬のグランプリエンゼルで一蹴。05年阪神JFをテイエムプリキュアで制して以来、3年7カ月ぶりのうれしい重賞Vだ。

 3歳、しかも牝馬のこの馬の別定重量は51キロ。騎乗するためには厳しい減量が待っていた。「普段の体重?55キロくらいかな。でも、ハンデ戦ではなく重量は分かっていたことだし、1カ月前から計画的に落としてきた。先週の時点でメドは立っていたし、今週は肉も魚も食べている。食事を管理してくれた嫁さんに感謝」と熊沢。01年の小倉記念でハンデ50キロの馬に乗った時は調教時に真夏に革ブルゾン姿で“決死の大減量”を敢行したが、当時とは状況が違っていた。何より、NHKマイルCの激走3着の時にコンビを組んでいなかったことが大きな発奮材料だった。「正直、悔しかった」と振り返り「もう絶対に離さないよ」と最愛のパートナーに強いラブコールを送った。

 馬の成長も見逃せない。51キロの恩恵で片付けられない。道中は楽に好位につけて折り合うレースセンスあふれる走り。直線の鋭い切れ味にG1・3着がフロックでないことを証明した。過去に挑んだ3歳牝馬は見せ場すらなく散っていることを考えれば大きな勝利だ。

 「狙っていたレースを勝ててうれしい。熊ちゃんが51キロの重量で乗った心意気も実ったね」と矢作師。気になる次走については「キーンランドC(8月30日、札幌)一本で調整していく。その結果次第では、セントウルSもある」とJRAのサマースプリントシリーズ(優勝ボーナス5000万円)制圧へ乗り出す。3歳牝馬がトップスプリンターの座を目指し、この夏、一気に飛躍を遂げる。

 ◆グランプリエンゼル 父アグネスデジタル 母アンダンテ(母の父サンデーサイレンス)牝3歳 栗東・矢作厩舎所属 馬主・北側雅司氏 生産者・北海道新ひだか町・上村清志氏 戦績9戦4勝 総獲得賞金9978万4000円。
[ 2009/07/06 11:56 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。