FC2ブログ

ジャンプラ賞、ロードシャナキルがG1初制覇 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

ジャンプラ賞、ロードシャナキルがG1初制覇

ジャンプラ賞、ロードシャナキルがG1初制覇
2009年7月6日(月) 11時32分 netkeiba.com

 現地時間5日、仏・シャンティイ競馬場で行われたジャンプラ賞(3歳牡牝、仏G1・芝1600m、9頭立て)は、J.クローリー騎手騎乗の4番人気ロードシャナキル Lord Shanakill(牡3、英・K.バーク厩舎)が、オワゾードゥフー Oiseau de Feuにアタマ差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分38秒90(良)。さらに1/2馬身差の3着にはイリアン Irianが入り、1番人気ウエストファリア Westphaliaは5着に敗れた。

 勝ったロードシャナキルは、父Speightstown(その父Gone West)、母Green Room(その父Theatrical)という血統の米国産馬。昨年4月にデビューし、2戦目(ヨーク・芝6f)で初勝利。その後はモルニ賞(仏G1)3着など重賞で好走を続け、ミルリーフS(英G2)で重賞初制覇。デューハーストS(英G1)はハナ差の2着に惜敗した。今年初戦の英2000ギニー(英G1)は12着と大敗したが、前走のセントジェイムズパレスS(英G1)は3着に入っていた。通算成績11戦3勝(重賞2勝)。
[ 2009/07/06 11:57 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター