伏兵テスタマッタが3歳砂王…ジャパンダートダービー 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

伏兵テスタマッタが3歳砂王…ジャパンダートダービー

伏兵テスタマッタが3歳砂王…ジャパンダートダービー
2009年7月9日(木) 8時0分 スポーツ報知

 交流G1の第11回ジャパンダートダービー(8日、大井・ダート2000メートル)は、4番人気の中央馬テスタマッタ(岩田)が、中団追走から直線で抜け出し、3連勝で“3歳ダート王”の座に就いた。2着はシルクメビウス。1番人気のスーニは6着に沈んだ。

 歓声とどよめきが渦巻くスタンド前。短距離戦を勝ち上がって来た伏兵テスタマッタが、力強い末脚で抜け出した。

 中団でエネルギーを温存して直線勝負。「力のある馬だったので、折り合いをつけることだけに専念した。距離に不安はあったけど、落ち着いていた」と岩田は振り返った。「瞬発力が持ち味だけど、思った以上に、すごかった」初騎乗だった名手の想像を、はるかに超えるパワーを備えていた。

 昨年9月開業の村山調教師にとって、忘れることにできない一頭になった。G1タイトルは、もちろん初めてだが、開業初勝利をもたらしたのも、この馬だ。昨年7月には、北海道安平町のノーザンファームで騎乗。「一緒に頑張ってきた馬。でも、ここまで来たのはでき過ぎですかね」と喜びをかみしめた。

 この秋は、武蔵野S(11月7日、東京)からジャパンCダート(12月6日、阪神)のローテーションが有力だ。「課題は残っているけど、強い馬になるよう調教していきます」とトレーナー。世代の代表として、王道を歩む。

 ◆テスタマッタ 父タピッド、母ディフィカルト(父コンサーン)。牡3歳の鹿毛。戦績・8戦4勝(うち地方1戦1勝)。重賞初制覇。総収得賞金・8066万4000円。生産者・米国のウォーターフォードファーム。馬主・吉田和美氏。栗東・村山明厩舎所属。
[ 2009/07/09 19:56 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。