ブラックエンブレム引退、繁殖入り…追い切り後再び鼻出血 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブラックエンブレム引退、繁殖入り…追い切り後再び鼻出血

ブラックエンブレム引退、繁殖入り…追い切り後再び鼻出血
2009年8月13日(木) 8時0分 スポーツ報知

 昨年の秋華賞馬ブラックエンブレム(牝4歳、美浦・小島茂厩舎)が現役を引退することが12日、決まった。同馬はこの日、クイーンSへ向け、函館競馬場のダートコースでマサノウィズキッド(3歳500万)と併せ馬を消化したが、調教後に両方の鼻から少量の出血が確認された。

 今年2月のドバイ遠征でも、調教中、バランシーン・G3(9着)と、2度に渡って鼻出血を発症していた。このため、小島茂調教師とオーナーサイドは事前に協議、鼻出血が再発した場合は即引退することを確認していた。今後は北海道安平町のノーザンファームで繁殖入りする予定。

 小島茂調教師「やれることを全部やって、それでも鼻血が出たのでは仕方ない。追い切り後に出た量としては一番少なかったので対策の効果はあったのだと思います。骨折や屈けん炎ではないので、痛みがなく無事に牧場に返すことができます。いい子供を出してほしいし、できれば、その子供をやらせてもらいたい」
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。