朱鷺S、14番人気マイケルバローズVで大波乱 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

朱鷺S、14番人気マイケルバローズVで大波乱

朱鷺S、14番人気マイケルバローズVで大波乱
2009年8月29日(土) 16時27分 netkeiba.com

 29日、新潟競馬場で行われた朱鷺S(3歳上OP、芝1400m)は、勝浦正樹騎手騎乗の14番人気(単勝138.1倍)マイケルバローズ(牡8、栗東・藤沢則雄厩舎)が、道中は後方を追走して直線で大外に持ち出すと、先に抜け出した2番人気フライングアップルを3/4馬身差捕らえて優勝した。勝ちタイムは1分21秒0(良)。さらに3/4馬身差の3着には5番人気エフティマイアが入った。1番人気のゲイルスパーキーは9着に敗れた。

 勝ったマイケルバローズは、父タイキシャトル、母トウヨウロイヤル(その父ロイヤルアカデミーII)。全弟に08年ニュージーランドT(GII)を勝ったサトノプログレスがいる血統。04年1月のデビュー戦を快勝すると、その後も芝の短距離で勝ち星を重ね、07年湘南S(1600万下)を制してオープン入り。重賞では07年関屋記念(GIII)3着、07年富士S(GIII)2着と好走歴こそあったが、近走は二桁着順が続いており、前走の米子S(OP)も15着に敗れていた。通算39戦7勝。

※重賞の格付けは当面、従来の表記を使用致します。
[ 2009/08/29 21:36 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。