競馬ニュース 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【共同通信杯】ナカヤマナイト 重賞初制覇

【共同通信杯】ナカヤマナイト 重賞初制覇
デイリースポーツ - 2011/2/14 9:28


 「共同通信杯・G3」(13日、東京)
 ディープインパクト産駒が4頭出走して話題を呼んだが、09年のセレクトセールで1050万円で取引された、ステイゴールド産駒のナカヤマナイトがまとめて撃破し重賞初制覇。インから末脚を伸ばし、先に抜け出していた2着ユニバーサルバンクを首差かわした。3着にディープ産駒のディープサウンド。1番人気で同じくディープ産駒のダノンバラードは、見せ場なく9着に敗れた。
  ◇  ◇
 狙い澄ましたようなイン突きだ。道中は後方で折り合いに専念していたナカヤマナイトが、ラスト1Fで内ラチと馬群の狭いところを突き抜けてゴール。騎士がこん身の一撃で相手を仕留めるような、鮮やかな競馬で重賞初制覇を達成した。
 いつもより後ろの位置取りになったが、柴田善は「ゲートの中でソワソワして、バランス良く出られなかった」と振り返る。イメージとは違う展開になったが、無理をせずに折り合いに専念。それが吉と出た。7戦全ての手綱を取るが「一戦一戦、背中の感触が良くなり、100%の力を出せるようになっている。思っている以上に成長が早い」と愛馬をたたえた。
 “ナカヤマ”の冠で思い出されるのは、昨年の凱旋門賞2着馬ナカヤマフェスタ。ナイトも深い関わりがある。実はナカヤマナイトという名は、ナカヤマフェスタの第2候補だった。ナイトがデビューする前、一昨年の秋に亡くなったフェスタの元オーナー・和泉信子さんが考えた名前。それだけに、信子さんの父であり、フェスタ、ナイトのオーナー・信一さん(84)は感慨深げだ。「(フェスタと)同じステイゴールド産駒ですからね。勝ててうれしいし、オーナーみょう利に尽きます」と笑顔を見せた。
 このあとは皐月賞(4月17日・中山)へ直行する。「あまり数を使いたくないし、これで休めるのはいい。中山と東京で勝ったわけだしね」と、二ノ宮師はクラシックを意識する。良血ディープインパクト産駒を蹴散らした勢いそのままに、クラシック戦線でも大暴れする。



[ 2011/02/14 11:35 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

【東京新聞杯】スマイルジャック復活!皇成G1獲り宣言

【東京新聞杯】スマイル復活!皇成G1獲り宣言
スポニチアネックス - 2011/2/7 7:03

 スマイル復活――。「第61回東京新聞杯」が6日、東京競馬場で行われ三浦皇成騎手(21)&スマイルジャックのコンビが鼻差の大激戦を制した。同馬は昨年3月の六甲S以来の勝利で、このコンビでは3勝目となった。

 「いやー、きつかった」。引き揚げてきた三浦が、相棒スマイルジャックの馬上でこん身のガッツポーズを見せた。ラスト100メートルで先頭に立つと、外から迫るキングストリートを視認して右ムチを連打。怒とうの追い比べをわずか鼻差しのいだ。初めてコンビを組んだ09年関屋記念V以来、この馬にとって1年半ぶりの重賞タイトル。鞍上は感極まった表情で喜びを爆発させた。

 「最後は踏ん張ってくれと思った。中間の雰囲気も良かったので、自信を持って乗れました。道中はこの馬のリズムで走らせて、ハミを取ってから追い出そうと思っていた。最後ははじけてくれました」

 レースはシルポート、ファイアーフロートの2頭が飛ばす展開。離れた好位集団で折り合いに専念した。「ゲートをうまく決めてくれて、楽にいい位置を取れたのが良かった。いい感じで直線を迎えられた」と振り返った。

 前走・マイルCS(6着)はレース前日の東京で落馬するアクシデントに見舞われ、大舞台でコンビを組むことができなかった。「前走は川田さんにいい競馬をしてもらったので、それを無駄にしないように乗ろうと思った」とこん身の騎乗を見せた。

 最高のパートナーと悲願のG1獲りを宣言。「今まで乗ってきた馬の中で、断トツで乗り難しい。昨年はこの馬の形を見つけられていなかったが、きょうのように気分、ペースがかみ合えば、はじけてくれる」と相棒の癖を完全に知り尽くした。さらに「初めてのG1制覇はこの馬でと思っているんだ。いいスタートを切れたし、このままてっぺん目指して頑張っていきたい」と意気込みを語った。

 今後は厩舎で調整しながら、春の最大目標・安田記念(6月5日、東京)を目指す。お互いを知り尽くした三浦&スマイルジャックのコンビが、人馬共に悲願のG1タイトルをつかみ取る。

 ≪“東京に強い血”を証明≫スマイルジャックの父タニノギムレット産駒は東京コースと相性が抜群。重賞Vは昨年の中山牝馬S(ニシノブルームーン)以来で16勝目だが、競馬場別では東京が最多10勝。父のギムレット自身も東京で行われた02年ダービー優勝。代表産駒ウオッカは07年ダービー、08年安田記念、天皇賞・秋、09年ヴィクトリアマイル、安田記念、ジャパンCと東京でG1・6勝の荒稼ぎ。同じ東京マイルの安田記念で悲願G1を目指すスマイルジャックにとっても“東京に強い血”を証明した貴重な勝利だ。

 ◆スマイルジャック 父タニノギムレット 母シーセモア(母の父サンデーサイレンス)牡6歳 美浦・小桧山厩舎所属 馬主・斎藤四方司氏 生産者・北海道むかわ町上水牧場 戦績28戦5勝 獲得賞金3億4427万3000円。



[ 2011/02/07 08:14 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

【東京新聞杯】スマイルジャック1年6カ月ぶり重賞V

【東京新聞杯】スマイルジャック1年6カ月ぶり重賞V

サンケイスポーツ 2月6日(日)16時9分配信

 第61回東京新聞杯(6日、東京11R、GIII、4歳上オープン国際、別定、芝1600メートル、出走16頭)5番人気スマイルジャック(牡6、美浦・小桧山悟厩舎)が差し切り、重賞3勝目。1着賞金4000万円を獲得した。勝ちタイムは1分32秒5(良)。

 レースはシルポートとファイアーフロートがハイペースで後続を引き離して逃げる展開。スマイルジャックは4番手を追走し、直線に入ると馬場の真ん中を伸びて先頭。最後はゴール前で迫ったキングストリート(牡5、栗東・池江泰郎厩舎)の猛追をハナ差振り切った。3着には2番人気ゴールスキー(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)が入り、最後方からレースを進めた1番人気ダノンヨーヨー(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)は7着に敗れた。

 スマイルジャックは父タニノギムレット、母シーセモア、母の父サンデーサイレンスという血統。通算成績は28戦5勝で重賞は08年スプリングS(GII)、09年の関屋記念(GIII)に続き3勝目で、1年6カ月ぶりの重賞制覇となった。三浦皇成騎手、小桧山悟調教師ともに同レース初制覇。





[ 2011/02/07 08:13 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

【きさらぎ賞】ディープ産駒重賞2勝目!トーセンラーが豪脚発揮!

【きさらぎ賞】ディープ産駒重賞2勝目!トーセンラーが豪脚発揮!

サンケイスポーツ 2月6日(日)15時44分配信


 第51回きさらぎ賞(6日、京都11R、GIII、3歳オープン、国際、特指、別定、芝1800メートル、1着賞金3900万円)M・デムーロ騎手騎乗の3番人気トーセンラー(牡3歳、栗東・藤原英昭厩舎)が、直線で父ディープインパクト譲りの末脚を披露。大逃げするリキサンマックスをゴール直前で捕らえ、重賞初制覇を飾った。勝ちタイムは1分47秒6(良)。ディープインパクト産駒は、昨年12月ラジオNIKKEI杯2歳S(GIII)のダノンバラードに続き、重賞2勝目。

 2着は8番人気リキサンマックス、3着には2番人気オルフェーヴルが入った。1番人気のウインバリアシオンは4着だった。

 ローレルゲレイロの全弟リキサンマックスが大逃げを打ち、15馬身以上のリードを取って直線へ。ラスト200メートル地点でも、その脚は衰えず10馬身ほどのリード。逃げ切り濃厚と思われたが、1頭のディープ産駒が別次元の末脚を発揮した。

 トーセンラーが馬場の真ん中から一完歩ごとに差を詰め、わずかにクビ差かわしたところがゴール。父に重賞2勝目をプレゼントし、自身も春のクラシックへ、堂々と名乗りを挙げた。

 トーセンラーはJRA4戦2勝で、重賞は初制覇。血統は父ディープインパクト、母プリンセスオリビア、母の父Lycius。母は米3勝。米国産の半兄フラワーアリーは米GI勝ち馬。




[ 2011/02/07 07:54 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。