競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【東京新聞杯】スマイルジャック復活!皇成G1獲り宣言

【東京新聞杯】スマイル復活!皇成G1獲り宣言
スポニチアネックス - 2011/2/7 7:03

 スマイル復活――。「第61回東京新聞杯」が6日、東京競馬場で行われ三浦皇成騎手(21)&スマイルジャックのコンビが鼻差の大激戦を制した。同馬は昨年3月の六甲S以来の勝利で、このコンビでは3勝目となった。

 「いやー、きつかった」。引き揚げてきた三浦が、相棒スマイルジャックの馬上でこん身のガッツポーズを見せた。ラスト100メートルで先頭に立つと、外から迫るキングストリートを視認して右ムチを連打。怒とうの追い比べをわずか鼻差しのいだ。初めてコンビを組んだ09年関屋記念V以来、この馬にとって1年半ぶりの重賞タイトル。鞍上は感極まった表情で喜びを爆発させた。

 「最後は踏ん張ってくれと思った。中間の雰囲気も良かったので、自信を持って乗れました。道中はこの馬のリズムで走らせて、ハミを取ってから追い出そうと思っていた。最後ははじけてくれました」

 レースはシルポート、ファイアーフロートの2頭が飛ばす展開。離れた好位集団で折り合いに専念した。「ゲートをうまく決めてくれて、楽にいい位置を取れたのが良かった。いい感じで直線を迎えられた」と振り返った。

 前走・マイルCS(6着)はレース前日の東京で落馬するアクシデントに見舞われ、大舞台でコンビを組むことができなかった。「前走は川田さんにいい競馬をしてもらったので、それを無駄にしないように乗ろうと思った」とこん身の騎乗を見せた。

 最高のパートナーと悲願のG1獲りを宣言。「今まで乗ってきた馬の中で、断トツで乗り難しい。昨年はこの馬の形を見つけられていなかったが、きょうのように気分、ペースがかみ合えば、はじけてくれる」と相棒の癖を完全に知り尽くした。さらに「初めてのG1制覇はこの馬でと思っているんだ。いいスタートを切れたし、このままてっぺん目指して頑張っていきたい」と意気込みを語った。

 今後は厩舎で調整しながら、春の最大目標・安田記念(6月5日、東京)を目指す。お互いを知り尽くした三浦&スマイルジャックのコンビが、人馬共に悲願のG1タイトルをつかみ取る。

 ≪“東京に強い血”を証明≫スマイルジャックの父タニノギムレット産駒は東京コースと相性が抜群。重賞Vは昨年の中山牝馬S(ニシノブルームーン)以来で16勝目だが、競馬場別では東京が最多10勝。父のギムレット自身も東京で行われた02年ダービー優勝。代表産駒ウオッカは07年ダービー、08年安田記念、天皇賞・秋、09年ヴィクトリアマイル、安田記念、ジャパンCと東京でG1・6勝の荒稼ぎ。同じ東京マイルの安田記念で悲願G1を目指すスマイルジャックにとっても“東京に強い血”を証明した貴重な勝利だ。

 ◆スマイルジャック 父タニノギムレット 母シーセモア(母の父サンデーサイレンス)牡6歳 美浦・小桧山厩舎所属 馬主・斎藤四方司氏 生産者・北海道むかわ町上水牧場 戦績28戦5勝 獲得賞金3億4427万3000円。



[ 2011/02/07 08:14 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

【東京新聞杯】スマイルジャック1年6カ月ぶり重賞V

【東京新聞杯】スマイルジャック1年6カ月ぶり重賞V

サンケイスポーツ 2月6日(日)16時9分配信

 第61回東京新聞杯(6日、東京11R、GIII、4歳上オープン国際、別定、芝1600メートル、出走16頭)5番人気スマイルジャック(牡6、美浦・小桧山悟厩舎)が差し切り、重賞3勝目。1着賞金4000万円を獲得した。勝ちタイムは1分32秒5(良)。

 レースはシルポートとファイアーフロートがハイペースで後続を引き離して逃げる展開。スマイルジャックは4番手を追走し、直線に入ると馬場の真ん中を伸びて先頭。最後はゴール前で迫ったキングストリート(牡5、栗東・池江泰郎厩舎)の猛追をハナ差振り切った。3着には2番人気ゴールスキー(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)が入り、最後方からレースを進めた1番人気ダノンヨーヨー(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)は7着に敗れた。

 スマイルジャックは父タニノギムレット、母シーセモア、母の父サンデーサイレンスという血統。通算成績は28戦5勝で重賞は08年スプリングS(GII)、09年の関屋記念(GIII)に続き3勝目で、1年6カ月ぶりの重賞制覇となった。三浦皇成騎手、小桧山悟調教師ともに同レース初制覇。





[ 2011/02/07 08:13 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

【きさらぎ賞】ディープ産駒重賞2勝目!トーセンラーが豪脚発揮!

【きさらぎ賞】ディープ産駒重賞2勝目!トーセンラーが豪脚発揮!

サンケイスポーツ 2月6日(日)15時44分配信


 第51回きさらぎ賞(6日、京都11R、GIII、3歳オープン、国際、特指、別定、芝1800メートル、1着賞金3900万円)M・デムーロ騎手騎乗の3番人気トーセンラー(牡3歳、栗東・藤原英昭厩舎)が、直線で父ディープインパクト譲りの末脚を披露。大逃げするリキサンマックスをゴール直前で捕らえ、重賞初制覇を飾った。勝ちタイムは1分47秒6(良)。ディープインパクト産駒は、昨年12月ラジオNIKKEI杯2歳S(GIII)のダノンバラードに続き、重賞2勝目。

 2着は8番人気リキサンマックス、3着には2番人気オルフェーヴルが入った。1番人気のウインバリアシオンは4着だった。

 ローレルゲレイロの全弟リキサンマックスが大逃げを打ち、15馬身以上のリードを取って直線へ。ラスト200メートル地点でも、その脚は衰えず10馬身ほどのリード。逃げ切り濃厚と思われたが、1頭のディープ産駒が別次元の末脚を発揮した。

 トーセンラーが馬場の真ん中から一完歩ごとに差を詰め、わずかにクビ差かわしたところがゴール。父に重賞2勝目をプレゼントし、自身も春のクラシックへ、堂々と名乗りを挙げた。

 トーセンラーはJRA4戦2勝で、重賞は初制覇。血統は父ディープインパクト、母プリンセスオリビア、母の父Lycius。母は米3勝。米国産の半兄フラワーアリーは米GI勝ち馬。




[ 2011/02/07 07:54 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

【京都牝馬S】覚醒ショウリュウムーン突き抜けた

【京都牝馬S】覚醒ムーン突き抜けた
デイリースポーツ - 2011/1/31 9:13


 「京都牝馬S・G3」(30日、京都)
 目が覚めるような完勝劇だった。5番人気のショウリュウムーンが、中団から鋭い末脚を繰り出して快勝。アパパネを下した昨年のチューリップ賞以来、2度目の重賞制覇を成し遂げた。2着は1番人気のヒカルアマランサス。3着には9番人気のサングレアズールが入った。
  ◇  ◇
 寒空にさらされた淀のターフを、強烈な末脚で切り裂いた。5番人気のショウリュウムーンが直線で一気にはじけ、昨年のチューリップ賞以来の重賞Vを達成した。
 会心の勝利に、浜中は思わずゴール手前でガッツポーズ。前2走は凡走に終わっていただけに喜びはひとしおだ。「今回は特殊ハミに替えたことで、内にもたれることもなく、いい末脚を見せてくれたと思う。続けてチャンスをもらえたし、オーナー、関係者の皆さんの思いに応えられて良かった」と破顔一笑だ。
 道中は中団で待機。直線に向いて馬群がばらけると、鞍上の仕掛けに即応して進出。1完歩ごとに加速度を増し、最後は連覇を狙うヒカルアマランサスの大外猛追すら寄せつけなかった。見守った佐々木師は「今回は状態が良かったし、53キロだからね。能力さえ出せれば、と思っていた。人気はしてなかったけど“いつか、いつか”と思っていたよ」と目尻を下げる。指揮官にとっても、うっぷん晴らしの快勝劇だった。
 これでアパパネを下したチューリップ賞を含め、勝ち鞍3つは全てマイル戦。春の最大目標もヴィクトリアマイル(5月15日・東京)に定まった。「女馬が相手なら、そんなに負けてないからね。このあとは厩舎で調整。次をどこに使うかはじっくり考えるが、千六にこだわってみたい」。師が描く青写真には、昇竜のごとく頂点をつかむ瞬間が鮮明に映し出されている。

[ 2011/01/31 12:06 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

【平安S】オレンジ重賞2勝目!淀の鬼いざ全国区へ

【平安S】オレンジ重賞2勝目!淀の鬼いざ全国区へ
スポニチアネックス - 2011/1/24 7:02

 京都の「第18回平安S」は2番人気ダイシンオレンジが快勝。得意の京都ダートで重賞2勝目をマークし、フェブラリーSに名乗りを上げた。

 好位確保から早めに動き、直線入り口で先頭をうかがう勢い。ダイシンオレンジはラスト300メートルで完全に抜け出すと、そこから先は最後の力を振り絞った。脚色は劣勢。それでも先頭は譲らない。迫るインバルコを鼻差で振り切ってゴールへ。昨春のアンタレスSに続く2度目の重賞制覇だ。川田はパートナーの力走を称えた。

 「道中は自分のペースで走れていたけど、向正面で外から徐々に来られて早めに動かざるを得ない形。きつい競馬になったけどよく頑張ってくれた」

 昨秋の戦列復帰から今回が叩き3戦目。1戦ごとに調子を上げて11年初戦を迎えていた。最終追い切りにまたがって状態の良さを確認した川田は「前回とは中身が違う。今回は大丈夫」と断言。それから4日後、見事に人馬一体となって重賞タイトルをもぎ取った。

 「昨年(2着)は勝たせてあげることができなかったので、今年は負けられないくらいの気持ち。思っていたより苦戦したけど、勝つことができてホッとしている」と川田。これが節目のJRA通算400勝となるメモリアルV。「いいときに勝たせてもらえた」とダブルの喜びに浸った。

 レース後、庄野師は安どの笑みを浮かべていた。「後ろから他馬が来ていたしドキドキしたよ。ホントによく頑張ってくれた」。重賞Vはともに京都ダート1800メートル。走り慣れたこの舞台では【5221】と抜群の相性だ。庄野師は「京都は流れが合うのか、坂の下りを使って楽に上がっていける」と分析する。今後について「まだ良くなると思う。次走はオーナーと相談して」の見通し。当然、フェブラリーSも視野に入っている。G1初挑戦のJCダートは8着に終わったが、京都ダートの鬼から全国区へ。実力馬がさらなる進化を遂げる。

 ◆ダイシンオレンジ 父アグネスデジタル 母アシヤマダム(母の父ラシアンルーブル) 牡6歳 栗東・庄野靖志厩舎所属 馬主・大八木信行氏 生産者・北海道沙流郡日高町戸川牧場 戦績20戦7勝 総獲得賞金1億5791万8000円。

[ 2011/01/24 11:44 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。